不動院寄席
立川こしら、立川志ら乃、立川らく次の三人が六本木不動院で行っている落語会の情報BLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「この落語家を聴け!」
20080627055821
私が学生時代から毎月立ち読みを続けている雑誌「BURRN!」の編集長・広瀬和生さんが書かれた本です。これは買いました。そして一気に読みました。
談笑師匠を「初心者を爆笑させ、マニアをも唸らせる」と評していますが、この本もまさしくそんな本です。

ちなみに、私が「BURRN!」を立ち読みし続けている理由は、談四楼師匠のコラム、吉田豪のコラム、そして広瀬編集長の編集後記を読む為であります。

らく次拝
スポンサーサイト
声が出ない人
20080623231448
本日の不動院寄席へのご来場ありがとうございます。

次回は7月30日でございます。夏らしい噺をお送り致します。
いよいよ99回目となります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

写真は、喉の調子が悪い時にのみ披露される事でお馴染みの芸、「エアコーラス隊」をする立川志ら乃さんでございます。

らく次拝

初日
20080610231655
ネタ下ろし4席を終えたばかりの人と。
手に持っているのは公演パンフレット。私が描いたイラストが載っています。

ご来場の際には是非是非お買い求め下さいますよう心よりお願い申し上げます。

らく次拝
大役
20080601210840
5/29に国立演芸場で行われた「立川流落語会」で野末陳平先生にお名指しを頂き、陳平先生のトークの聞き役として出演致しました。
前にお出になられていた文都師匠に「回し役やないか、鶴瓶師匠みたいなもんや、期待しとるで」と大変に暖かいお言葉とプレッシャーを頂戴し舞台に上がりました。
途中、談志師匠が楽屋にいるかも!と勝手に思い込んだ途端、無駄な冷や汗をかきましたが、大変に貴重な経験をさせて頂きました。
この経験を不動院寄席恒例トークバトルにも生かしていきたいと思います。

らく次拝
copyright © 2005 不動院寄席 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。